【企画展】写真展「四代目みな子姐さん~最後の吉原芸者」

四代目みな子姐さん
(2007年、撮影:タカザワケンジ)

町田市フォトサロンでは、冬の企画展、写真展「四代目みな子姐さん~最後の吉原芸者」を開催いたします。

本展は四代目みな子姐さんの生涯を通じて、お座敷の芸を支えてきた吉原芸者について描いていきます。みな子姐さんは、11歳で吉原の芸者屋に奉公に出て以来、90歳で亡くなるまで、江戸文化の華、吉原の芸を今に伝えた現役の吉原芸者でした。

展示の監修は、江戸文化研究者・安原眞琴さんにお願いいたしました。安原さんは、大学で江戸文化を教えるなかで、みな子姐さんに出会い、芸の豊かさとその人柄にひかれ、亡くなるまでの5年間に渡り取材を続けられました。公私にわたる交流は、ドキュメンタリー映画「最後の吉原芸者四代目みな子姐さん-吉原最後の証言記録-」(2013年)としてまとめられています。近年では研究のほか、芸者や芸事、江戸・吉原に息づいていた日本の文化について、国内外での講演やラジオ講座などを通じ、親しみやすく紹介する活動もされています。今回、みな子姐さんの写真や資料から、本展に合わせて写真のセレクトおよび解説を書き起していただきました。

この展示が、図らずも最後の吉原芸者となってしまったみな子姐さんの居住まい、そして芸に生きた一人の女性が担ってきた日本の文化について知ることの手がかりとしていただければありがたく存じます。

 

写真展「四代目みな子姐さん~最後の吉原芸者」
会期:2018年1月13日(土)~2月18日(日)
会場:町田市フォトサロン2階展示室
主催:町田市フォトサロン
監修:安原眞琴
協力:長尾博、タカザワケンジ
管理運営:NPO法人ワークショップハーモニー

 

四代目みな子姐さん 1919年(大正8)~2010年(平成22) 享年90
北海道石狩郡当別町出身。9歳の時に家族で上京、11歳で吉原の芸者屋に奉公。以後、生涯現役で吉原芸者として活躍する。

 

監修者 安原眞琴(やすはら・まこと)1967年生まれ。東京都出身。文学博士。
研究対象:日本の中世・近世の文学、美術、文化等
現在、立教大学、法政大学、大正大学、東武カルチュアスクールほかで講師を務める。著書:「『扇の草子』の研究-遊びの芸文」(2003年)、「超初心者のための落語入門」(2009年)、ほか。
2000年 学位取得:博士(文学)(立教大学)
2013年 ドキュメンタリー映画「最後の吉原芸者四代目みな子姐さん-吉原最後の証言記録」発表(渋谷アップリンク、池袋新文芸坐他上映)、DVD同時発表
2014年 リトアニアにて上映(在リトアニア日本国大使館オーガナイズ)
2016年 国際交流基金の助成を受け、カナダ・北米4都市にて上映
ラジオ講座「芸者が支えた江戸の芸」(NHKカルチャーラジオ歴史再発見・全13回)担当
ウエブサイト http://www.makotooffice.net/

 

みな子姐さん(右端)と仲がよかった吉原芸者。
「吉原四人組」と呼ばれる(1940年頃)

会期中のイベント
ギャラリートーク&「最後の吉原芸者四代目みな子姐さん
—吉原最後の証言記録」上映会
日時:2018年2月3日(土)
13時30分~15時
会場:町田市フォトサロン
1階展示室
参加費:無料(直接会場においでください)

 

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

 

Posted on 2017-11-07 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【企画展】第59回ツバキ展 開催

【会期】 2017年12月9日(土)、 12月10日(日)
※最終日は15時まで
【会場】 町田市フォトサロン 2階展示室
【出展協力】 日本ツバキ協会町田支部

 

秋に咲くツバキを生花や写真でご紹介します。
出展者による育て方の相談、苗木の販売なども予定しています。
展示室を彩る、華麗で多様なツバキの花々をお楽しみください。

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

Posted on 2017-11-06 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【企画展】第58回ツバキ展 開催

 

【会期】 2017年3月10日(金)~ 3月12日(日)
※最終日は15時まで
【会場】 町田市フォトサロン 2階展示室
【出展協力】 日本ツバキ協会町田支部、椿遊会

 

春咲きのツバキを生花や写真でご紹介します。
出展者による育て方の相談、苗木の販売なども予定しています。
また、本展にあわせて、3月10日(金)から3月20日(月)まで「ツバキ写真展」を開催します。
展示室を彩る、華麗で多様なツバキの花々をお楽しみください。

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

 

16年3月ツバキ展

Posted on 2017-02-07 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【企画展】けんちゃん〜amputee boy〜 鳥飼祥恵写真展

撮影 鳥飼祥恵

撮影 鳥飼祥恵

町田市フォトサロンでは、冬の企画展「けんちゃん〜amputee boy〜 鳥飼祥恵写真展」を開催いたします。
本展は「けんちゃん」こと石井賢君について、アンプティサッカー(*)を通して彼を取り巻く人たちに触れながらとらえた写真展です。作者の鳥飼祥恵さんは2014年にアンプティサッカーの撮影を始め、現在に至っています。「けんちゃん」の撮影は2015年から取り組み、撮影を始めて間もなく「amputee boy〜けんちゃん〜」としてまとめた作品により、第11回名取洋之助写真賞を受賞しました。今回の展示では新たに作品のセレクトをお願いし、プリントを起こしています。一連の展示作品からは、賢君をはじめ、チームメイトや家族、彼のともだちに対して作者が作る距離・温度によって、この写真展が穏やかにまとめられていることを感じていただけることでしょう。
会場では作品のほかにアンプティサッカーについて展示をいたします。作品と併せてアンプティサッカーへの理解を深めていただければありがたく存じます。

(*)アンプティサッカー:主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー

 

けんちゃん ~amputee boy~ 鳥飼祥恵写真展
会期:2017年1月14日(土)~2月19日(日) 火曜日休館
会場:町田市フォトサロン2階展示室
主催:町田市フォトサロン
協力:日本アンプティサッカー協会(ホームページ)、FCアウボラーダ(ホームページ
管理運営:NPO法人ワークショップハーモニー

ギャラリートークとアンプティサッカー体験会
FCアウボラーダの選手が来館。作者・鳥飼祥恵さんがアンプティサッカーの魅力についてお話を伺います。
日時:2017年1月14日(土)13時30分~(ギャラリートーク)、14時30分~(体験会)
会場:町田市フォトサロン
参加費:無料(直接会場においでください)

 

作者略歴
鳥飼祥恵(とりかいさちえ・ホームページ
1982年生まれ 富山県高岡市出身 東京都在住
2010年 都内の写真学校を修了
2011年 グループ展「半熟マンション」(ギャラリーLE DECO・東京)開催
「DNA」が「ワンダー!アンダー30サーティー!フォトコンテスト」(ミュゼふくおかカメラ館主催)大賞受賞
2012年 フリーランスとして活動開始
2014年 スポーツ写真塾「水谷塾」(JCII主催)修了。
2015年「amputee boy〜けんちゃん〜」が「名取洋之助写真賞」(日本写真家協会主催)受賞

 

撮影 鳥飼祥恵

撮影 鳥飼祥恵

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

 

Posted on 2016-11-14 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【写真展】個展へのいざない ~境川をテーマにした2つの写真展から~

撮影:小林伸太郎(まちだ写好会)

撮影:小林伸太郎(まちだ写好会)

 

 

 

 

 

 

撮影:紙田暢(デジフォト自由塾)

撮影:紙田暢(デジフォト自由塾)

 

 

 

 

 

 

 

今回の写真展は、一人~少人数で展示を開くための一つの手がかりとして企画をしました。
御協力いただいたのは、当館で2105年に同じ撮影対象(町田市を流れる境川)の写真展を開いた、小林伸太郎さん(「境川の流れのように」15年3月開催)、紙田暢さん(「境川~源流から河口まで」15年7月開催)のお二人です。
2つの展示を振り返り、小林さん、紙田さんからお話を伺うことから、撮影対象を見つけ、写真展にまとめるまでの経過をたどっていきます。

 

1)写真展
【会期】5月7日(土)~5月9日(月)15時まで
【会場】町田市フォトサロン 2階展示室
【展示協力】小林伸太郎さん(まちだ写好会)、紙田暢さん(デジフォト自由塾)

2)ギャラリートーク(小林伸太郎さん、紙田暢さんから展示作品を見ながら話を伺います)
【日時】5月8日10時30分~12時
【会場】2階展示室
※予約不要、直接ご来場ください

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン) 電話:042(736)8281

Posted on 2016-04-13 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【企画展】写真展石巻

 

撮影:竹内敏恭

撮影:池田進
撮影:池田 進

 

撮影:清水陽輔(宮城県石巻好文館高校)
撮影:清水陽輔(宮城県石巻好文館高校)

 

終了しました

当館では、2011年8月に「写真展石巻」を開催、東日本大震災の被害、震災から5か月過ぎた当時の状況、そして震災以前のまちの様子について展示しました。本展ではその後の石巻についてふれていきます。
出展頂いたのは、石巻で写真店を営む池田進さん、震災以前から石巻を撮影している竹内敏恭さん、そして石巻好文館高校写真部と石巻市立桜坂高校写真部のみなさんです。また、石巻出身で、前回の展示に引き続いてご協力いただいた青沼義信さんには、石巻について文章を寄せていただきました。
2011年におこった東日本大震災から5回目の3月11日を前に、この写真展が現在の石巻について、そして今なお復興の途上にある多くの被災地について、思いを寄せる手掛かりになれば幸いです。

 

【会期】 2016年1月16日(土)~ 2月21日(日)
【会場】 町田市フォトサロン 2階展示室

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

Posted on 2015-12-10 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »

【企画展】三橋國民写真展 - 人間の描写、記録の過去

町田市フォトサロン

自画像 炎(1938)

 

【会期】 2014年12月13日(土)~ 2015年2月15日(日)

【会場】 町田市フォトサロン 2階展示室

当館では、冬の企画展「三橋國民写真展 人間の描写、記録の過去」を開催いたします。
三橋國民(1920~、東京都町田市出身)は、造形作家として、町田市役所新庁舎前の「ファイブ・ストーンズ」(2013)などの製作をしてきました。当館のある薬師池公園でも、市制40周年を記念して造られた「自由民権の像」(1998)をご覧いただくことができます。
本展では、三橋氏が造形作家として活動する以前から続けている、写真についての展示になります。三橋氏がカメラを初めて手にしたのは1930年、10歳の時でした。まだカメラが珍しかった時代から、太平洋戦争の応召とニューギニアからの復員までの空白期間をおいて、現在まで撮影をおこなっています。
今回の展示では、作者の撮影した作品と所蔵する写真から、新たにプリントを作り、紹介いたします。

 

お問い合わせ(町田市フォトサロン)
電話:042(736)8281

Posted on 2015-01-19 | Category : gallery, 展示紹介 | | No Comments »